panda

本郷三丁目に出店が計画されたベーカリー&カフェバー。 日昼はイートインを併設したパン屋で、夜はバルとして営業するため、カウンターをメインとしたプランを考え、このカウンターは昼は陳列台として利用できるよう設計している。 店名の「panda」は「パンだ。」からきており、選び抜かれた良質な素材を売りにするため、ストレートに「パン」を感じるVIや空間を考えた。 ふっくらとした美味しいパンの印象からロゴをデザインし、店舗の主役となるカウンターもふっくらと発酵していく生地のように丸みを帯びた意匠としている。 昼と夜で印象を変えるため空間全体はグレートーンで仕上げ、主役となるカウンター周りとファサードのみ白い意匠とし明度差をつけ、空間に強弱をつけている。 カウンターやテーブルの天板といった料理が乗る部分だけ木を用い、モノトーンの空間の中でも優しい雰囲気を残している。 また3種3様の椅子は黒で統一し空間を締める効果をもたらしている。 メインターゲットが女性であることもあり、モノトーンで構成された空間にポイントで真鍮の金物を用い女性らしい落ち着いた印象を演出。 空間のグレーとポイントの真鍮の印象がVIとも連動し、個人オーナーの小さな店舗でありながら店舗としての強さも併せ持つよう計画している。

OSSO

既存の躯体を活かし空間全体に適度な衣装を持たせつつ、要所要所で綺麗に仕上げら れた素材を組み合わせることで、美容室に必要な清潔感を作り出している。 朝霞という立地に対して

MEDICOM

表参道ヒルズというハイエンドなロケーションと高価な限定商品をベースとした MD計画から、この店舗にはプレミアム感が必要だと考えた。 そこで他の店舗との差別化と強い印象を持たせるために、「+ PLUS」と言うエレメント からパッケージ化された店舗作りを行った。

店名にある「PLUS」から デザインエレメントを抽出することで、 店舗独自の世界観を表現するための 強いモチーフを創る。

「+」の連続から生まれるグリッドが、 商材を美しく魅せるためのフレームとなる。

「+」の連続から生まれるグリッドを 空間全体に広げることで、 シンプルでありながら存在感のある デザインを構築する。

A STUDIO

 

プライベートな空間で写真という思い出だけでなく、撮影する時間「コト」も思い出として素晴らしい体験を提供するための場所として代官山にあらたに計画された写真スタジオとして既存のファミリー向けのスタジオとは一線を画したプライベートな空間をつくる。 あくまでメインとなるスタジオ空間に対して、「裏側」の空間としての受付やモニタールーム・衣装スペースなどがある。その「裏側」の空間を衣装的に魅せる要素として建材によるグリット構成を用いている。 建築の骨組みのような衣装が「裏側」感を演出すると同時に、空間を仕切るガイドとしての役割を担っている。 広い空間に、木のグリットを張り巡らせ、その建材が、間仕切りとなり、衣装棚となり空間全体まとめている。建材にそってブラインドを配しているため、広い抜け感や、個室感などをシチュエーションによって使い分けることができるフレキシブルな空間を確保している。 このフレキシブルな空間が、受付から衣装選び、撮影、モニターによる写真チェックまでの一通りのサービスを、気持ちよく過ごせる「こと」として提供を生み出している。

ab

 店名の由来でもある「Absimthe(アブサン)」 魔酒とも呼ばれ、数々の芸術家が溺れた禁断の酒でありながら、お店のファーストドリンクとしても出だされるアブサワーのフレンチではアペリフィフとしてオーソドックスにも楽しまれてる。 歴史的にも食の中核を担いながら、その中毒性からアウトロー的でアバンギャルドな一面をもつ二面性がお店が掲げる様々な「挑戦」というコンセプトに合致している部分ではないかと考えた。 伝統的なフレンチとしての「王道」であること、それでいて前衛的な「アバンギャルドさ」を併せ持つこと。しかし、それをできる限り重苦しくなく見せることが大事だ考えた。 空間に対してはシンプルかつ自然体をベースに、過度に演出せず自然な造りと素材で構成し、ミニマルな空間にすることで上質感(王道)を計画した。 お店として「環境問題」「働き方改革」「フードロス」「飲食業界の地位向上」など時代の空気感を取り組もうとする気概と挑戦する姿勢(アバンギャルドさ)を設計という立場から演出できるようサスティナブルな要素を取り入れ、アップサイクルな素材を用い、なるべく居抜きの状態を利用し無理に壊さず空間を構成している。

akaaka

矢向駅、さらに駅からも少し離れている立地に対し、ターゲットをファミリー層に設定した ことから、「aka aka」=笑顔と言う親しみやすい店名が生まれた。 ターゲットや店名から、世代を超えて長く利用してもらえる思いを込めて、 家型のアイコンを作り、akaakaと言う「音」から赤い木目を利用。店名とお店の印象が 強く結び付くよう考えた。 キーマテリアルとなる赤い木を印象付けるため全体は白を基調とした空間にし、赤と白と 植物の緑の印象がお客様に安らげる空間を設計する。

LOGO

デザインコンセプトにもあるように、ターゲットや店名から世代を超えて長く利用して もらえる思いを込めて、家型のアイコンを作成している。 シンプルに、明確に、お客様に伝わるろロゴマークを考えた。

Arielle

 

数多く在る美容室。その激選区とも言える自由が丘エリアから徒歩圏内の奥沢と言う立地に 対して、シンプルかつ上品で落ち着きの在る空間を考える。 大きな開口により通りに対するアプローチをしっかり行い、インテリアには素材感のみの 演出をすることによりマッシブ感を生み出す。 地に足がついた印象を店舗に落とし込むことにより存在感を与えながら居心地の良い 場所をつくっている。

logo

「Arielle」と言うフォントロゴも基本的にはシンプルなものを考えた。 2人の美容師による共同経営と言う特徴を示唆する最小限の加工により構築する。 空間の印象と合わせたロゴデザインにより店舗としての全体の印象のまとまり感を 創り、ブランドとして発信できるよう心がけた。

Bonnhel

 

もともと駒沢大学駅にあったベーカリーの移転計画。 世田谷代田の移転先となる立地は駅から少し離れた住宅街に位置した物件で もともと、工場やベーカリーとして利用されていた場所であったため、 地域に根付いてきたその立地の歴史を感じることで、近隣のお客様にも愛着を 持って頂けるように考えた。 ベースとなる区画は維持しつつ、ガラス冊子で厨房内を見せることによりパン工場を イメージさせる雰囲気をつくりながら、パンの色味を感じる二種類の木種や、 小麦粉と水を混ぜるパンの生成を示唆する左官仕上げを落とし込んでいる。 無機質な空間ながらベーカリーを示唆する要素を落とし込むことでお客様が 気兼ねなく利用できる優しい空間を演出している。 ファサードはレッドシダーの板貼りで覆うように創り、車で通る方の目にも止まる よう訴求効果を高めた。 また、外から見たときに、木板張り・パンの陳列・インテリア・厨房へと、 レイヤーを重ねて内部を覗けるような構成とし、店舗への引き込みを作っている。

Butchers

 

アルゼンチンBBQ料理やブッチャーズフードをワインとクラフトビールで楽しむお店。 インダストリアルな内装でポートランドのフードカルチャーと アルゼンチンの豪快な食文化【アサード】からインスパイアされている背景を具現化した。 この店舗のコアになる要素として、全てのお肉を焼くアルゼンチングリルがある。 この調理シーン・ライブ感がお客様に伝わるよう、カウンターをメインとしたプランに なっており、お店全体で美味しいお肉が食べられる雰囲気作りをしている。

logo

注文したお肉が豪快に焼かれるところを見せるためのアルゼンチングリルを モチーフに、プロダクトと焼き跡を示唆するとともに、インダストリアルな内装の イメージを崩さないビジュアルを考慮している。 多様な場面での展開が予測されるため、ロゴマークのみでも展開できる構成を考えた。

レガーレ

 

魚介メインのイタリアンバル。 モルタル金ゴテ仕上げ、ラワン合板、黒皮鉄、船舶用電球など武骨な印象を与える男性的なモチーフや素材をベースに用い漁港、市場など「新鮮な海の魚」を感じさせる空間を考えた。 お客様とシェフのコミュニケーションの誘発、ライブ感のあるお店にしたいとの要望もありミラーなどを用いどの席からも厨房のシーンが伺えるよう計画している。 また、ポップな色使いのチョークアートを用い、手書きによるライブ感や、市場街のような活気、賑わいの演出をプラスしている。 また、奥に細長い躯体形状を利用し、入り口から奥に行く程しっとりとしていくゾーニングとした。ゾーンごとにカウンター席、ベンチソファ席、テーブル席など椅子の高さを変えることで目線や距離感の違い生み出し、一つの空間の中に壁で区切らず様々な利用シーンを創出している。

ぽとふ

 

保育士さんが ”ここで働きたい” と思える、お母さんが ”ここに預けたい” と思える保育園をかたちにした、印象に重点をおいた物件。 保育士の人手不足を背景に、”選ばれる保育園”を実現するためデザイン面からの付加価値に可能性を求めた試み。保育士さんに響く『可愛くてファッショナブルなテイスト』と、お母さんに響く『安心感と楽しさが伝わる素材感』をデザインのきっかけに組み立てていった。

LOGO

「POTOPH」というワードは、飲食事業から始まったという施主の事業に由来する。ポトフという料理が色んな具材のうまみから成るように、園で子供たちの個性を引き出したいという思いからつけられた。モチーフは明快に鍋のシルエットを用い、テイストは印象を内装に揃え女性に響くファッショナブルなものとした。そうすることで保育園のロゴとしては個性的なものとなった。

とりはい

 

利用者が自分でハイボールをつくれる鶏焼肉店舗。 躯体を利用した空間のカジュアルさがセルフで楽しむサービスを示唆し、 グレートーンでバランスを取り、適度な落ち着きをつくる。 また素材には作る動作からのイメージであるキッチンのシルバーの金物、 温かみや気軽さを感じる茶系のモルタルを用い、冷たい色のイメージと温かい色の イメージとを躯体と同明度のトーンで全体のバランスをとった。 “落ち着く”という意味をもつ「和」。 “上品さ ”を感じさせる「和」。 業態のイメージからくるカジュアルさと、「和」の様式の繊細なディテールからくる 上品さを併せ持つ空間をつくることで、店舗としてのオリジナリティーを演出する。

OHVAL

 

​埼玉県秋津市に開業するプライベート

TAG

 

​モバイルオーダーによる事前注文・決済に特化し、自分好みにカスタムしたボトルコーヒーのサービスで 、待ち時間なく受取れるテイクアウト専門業態。 事前に受け取り時間を設定でき、待つことなく受け取れるサービスであり 店舗としても利用者が滞留しないことが重要となるため、「コミュニケーションレス」をポジティブに捉えた提案を行った。

9坪という狭小空間の中で、ロッカーが設置された中央の白い壁がこの店舗の主役。 商品の受け取り口(ロッカー)および上部の通知モニターへ目がいくよう考慮しニュートラルな印象をつくる。 一方、それを取り巻く空間は一つ一つ手作業で準備する商品のクラフト感を想起させる雰囲気をつくり、 ニュートラルな白い壁との対比を生み出す。 この対比により「CUSTOM & FAST」という業態コンセプトを体現している。 また、ガラス張りのファサード面からは、厨房と売場の2つの空間全体を視認できるオープンな雰囲気であるが、 売場に入ると厨房は見えずスタッフもいない空間となる。 一見すると店舗としては不自然な状況であるが、それでもスムーズに商品を受け取る体験を通して 「コミュニケーションレス」をポジティブに捉える価値観に繋がると考えた。

© 2016 - 2020 neighbor.inc
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon